Webサイトのスクレイピングボットの停止に役立つSemaltの4つの方法

Webサイトスクレイピングは、データを抽出するための強力で包括的な方法です。右手では、情報の収集と普及を自動化します。ただし、悪意のあるユーザーがオンラインで盗んだり、知的財産を盗んだり、不当な競争につながる可能性があります。次の方法を使用して、有害と思われるWebサイトのスクレイピングを検出および停止できます。

1.分析ツールを使用します。

分析ツールは、Webスクレイピングプロセスが安全かどうかを分析するのに役立ちます。このツールを使用すると、構造化されたWebリクエストとそのヘッダー情報を調べることにより、サイトスクレイピングボットを簡単に識別してブロックできます。

2.チャレンジベースのアプローチを採用します。

これは、スクレイピングボットの検出に役立つ包括的なアプローチです。この点で、プロアクティブなWebコンポーネントを使用して、訪問者の行動(Webサイトとの相互作用など)を評価できます。また、JavaScriptをインストールするか、Cookieをアクティブにして、Webサイトがスクレイピングの価値があるかどうかを知ることもできます。 Captchaを使用して、サイトの不要な訪問者をブロックすることもできます。

3.行動的なアプローチを取る:

行動アプローチは、あるサイトから別のサイトに移行する必要があるボットを検出して識別します。この方法を使用すると、特定のボットに関連付けられているすべてのアクティビティを確認し、それがサイトにとって価値があり有用であるかどうかを判断できます。ほとんどのボットは、JavaScript、Chrome、Internet Explorer、HTMLなどの親プログラムにリンクしています。それらのボットの動作とその特性が親ボットの動作と特性に似ていない場合は、それらを停止する必要があります。

4. robots.txtを使用する:

ボットのスクレイピングからサイトを保護するためにrobots.txtを使用しています。ただし、このツールは長期的には望ましい結果をもたらしません。不正なボットに歓迎されないことを通知することでアクティブ化した場合にのみ機能します。

結論

Webスクレイピングは必ずしも悪意のある、または有害なものではないことに注意してください。データ所有者がそれをできるだけ多くの個人と共有したい場合があります。たとえば、さまざまな政府のサイトが一般市民にデータを提供しています。正当なスクレイピングのもう1つの例は、旅行サイト、ホテル予約ポータル、コンサートチケットサイト、ニュースサイトなどのアグリゲーターサイトまたはブログです。

mass gmail